2021 MTV EMAs さらなる出演者の発表

"開催が近づくMTV EMAs 2021に更なる出演者が追加された。エド・シーラン、イマジン・ドラゴンズ、ヤングブラッド、グリフ、ガール・イン・レッドの5組がラインナップに追加される。これまで発表されたマルーマ、キム・ペトラス、マネスキン、そしてワンリパブリックに加え、豪華な出演者達がEMAの夜を彩ることになる。

先日リリースになったばかりの待望の4thアルバム『=』をひっさげ、エド・シーランが登場。""最優秀ポップ賞""、""最優秀アーティスト賞""を含む5部門にノミネートされており、2015年のEMAのホストを務めたこともある彼が、今年のホストであるスウィーティーに先輩としてどんなアドバイスを送るのか注目だ。

2013年の出演以来となるイマジン・ドラゴンズが""最優秀ロック賞""、""最優秀グループ賞""のノミニーとしてEMAに再登場。ラッパーのJ.I.Dとのコラボレーションとなる新曲「Enemy」をパフォーマンスする。

ヤングブラッドは最新シングル「fleabag」でステージを盛り上げる。2020年のEMAでは""最優秀""MTV PUSH""賞""を受賞した彼、今年は""最優秀オルタナティヴ賞""にノミネートされており、2年連続受賞なるかが注目されている。

今年の""最優秀""MTV PUSH""賞""ノミネーションより2組が登場、UK出身のシンガー、グリフとノルウェー出身のミュージシャン、ガール・イン・レッド。6月にミックステープ『One Foot In Front Of The Other』でデビューしたグリフは""最優秀新人賞""にもノミネートされている。5月にはBrit Awardにも出演し多くの注目を浴びた。彼女にとって2021年は多忙な年であったに違いない!Spotifyで1100万人のリスナーを持つガール・イン・レッド、彼女のブレイクスルー曲にもなった「Serotonin」は""ビデオ・フォー・グッド賞""にもノミネートされている。4月にリリースされた1stアルバム『if i could make it go quiet』は現在世界中で16億回の再生回数を記録している。

TikTokInstagramTwitterFacebook そしてmtvema.com、EMAの公式サイトおよび公式アカウント各種をフォローして楽しみにお待ちください!#MTVEMAを使ってSNSを盛り上げてくださいね!

投票は、EMA公式サイト(https://www.mtvema.com/ja-jp)にて、日本時間11月11日(木)7:59まで受付中!"